「嫌われオヤジ」にならないためのチェックポイント!

「嫌われオヤジ」にならないためのチェックポイント!

「嫌われオヤジ」にならないためのチェックポイント! ちょっと前までは「年配の人との付き合い方は難しいなぁ……」なんて呟いていたのに、いつの間にか自分がその年配の人になっていました。 若い人にとって格好いい先輩であり続けたいと思ってはいるものの、なかなか難しいもので気付くと「嫌われオヤジ」になってしまうこともあります。 女性陣との付き合いが難しいことは言うまでもありませんが、最近では若い男性陣との付き合い方も難しくなってきました。「俺の背中を見てついてこい!」では、 誰にも尊敬されない世の中になってしまったのです。

オヤジたちもかつては若者だった

若い人が自分たちを見るときは、遠い世界の住人を見るかの如くです。自分が将来、お腹が出たり、ハゲてしまったり、 デリカシーがなくなってしまったりすることなんて想像もしていないでしょう。一方で、オヤジ達からすると、当たり前ですが自分もかつて若い世代を経験していて、 酸いも甘いも味わってきたため強い親近感を覚えます。その結果、どうしても口を出したり手を出したりと構いたくなってしまいます。

しかし、良かれと思って口を出しても異邦人からの言葉は全く届きません。それどころか、マナーが悪いとか臭いがきついとか陰口を叩かれいつの間にか嫌われてしまうこともあります。

草食化していく若い男の子

女性陣と接する場合には、ちょっとしたことでもセクハラだと騒がれてしまうことがあります。「おはよう!」と言いながら肩を軽く触っただけで、 セクハラ騒ぎになってしまって社内での立場が微妙になってしまった人もいます。

しかし、最近は男性陣がセクハラを訴え出ることすらあるようです。一昔前なら考えられないことです。何故こういった状況になったのか確かなことはわかりませんが、 男性陣の「草食化」が原因という説もあります。いずれにせよ、これからの時代は女性だけではなく男性にも気を遣っていかなければいけないようです。嫌われないためのチェックポイント

嫌われているオヤジ達を尻目に、人気者になっている人もいます。 他のオヤジは呼ばれない若者の飲み会にどういうわけだか一人だけ呼ばれて「仕事のアドバイスを下さい!」なんて言われています。これは一体どういうことなのでしょうか。

若者達の声を集めてみると、いくつかの共通した見解を持っていることがわかります。こういうオヤジは嫌い、こういうオヤジは好きとかなり明確な基準があるようです。 逆に言うとこれらのチェックポイントを踏まえて付き合っていくことができれば、いつの間にか嫌われてしまうといったこともないのです。

でも、まだ遅くありません。ここで1つ気合いを入れて、誰からも嫌われない人気者オヤジライフを目指して下さい。

next嫌われないオヤジライフ

最新記事